本文へスキップ

部活動紹介Club Activities

top>部活動紹介
 部活動は運動部・文化部ともに、非常に盛んであり、神奈川県教育委員会の「かながわ部活ドリーム大賞」では、2009年にグランプリ、メンバーシップ賞、2010年にマネージャー賞、2011年にスポーツ賞、文化賞のダブル受賞と、輝かしい受賞歴をあげてきました。2013年度は、何とグランプリ、スポーツ賞、文化賞、サポーター賞の4部門を受賞するという栄誉をいただきました。
 運動部・文化部とも全国大会、関東大会にたびたび進出しています。ここ数年で全国大会まで進出した部活動として、男子バレーボール部、陸上部、女子バドミントン部、女子テニス部、美術部、合唱部、サイエンス部などがあります。関東大会まで進出した部活動として、剣道部、ワンダーフォーゲル部、体操部、吹奏楽部、放送部などがあります。
 また、平成25年度は、野球部が全国高校野球選手権記念神奈川大会で、公立高校としてただ1校、ベスト8まで進出、吹奏楽部が第62回神奈川県吹奏楽コンクール高校Bで、最優秀となる朝日新聞社賞を受賞しました。

運動部

文化部

男子バレーボール部

男子バレーボール部
活動場所
西体育館
主な実績
2018年度
  • 関東大会神奈川県予選  準優勝
  • 全国高校総体神奈川予選 第3位
2017年度
  • 関東大会(茨城県)      第3位
  • 全国高校総体神奈川県予選  優勝
  • 全国高校総体(山形県)   出場
  • 天皇杯神奈川県予選     優勝
  • 全日本選抜神奈川県予選   準優勝
  • 全日本選抜大会(春高バレー) 出場
PR
「人としてチームとして目指せ日本一」をモットーに活動しています。全国大会上位進出を目指します。普段の生活から「感謝の気持ち」をもって勉強にスポーツに全力で取り組みます。
2018年 部員数 26名

女子バレーボール部

女子バレーボール部
活動場所
西体育館
活動状況
2017年度
  • 全国高校総体神奈川県予選会 県ベスト16
  • 関東大会神奈川県予選会 県ベスト16
  • 全日本選抜神奈川県予選 県ベスト16
PR
全国大会出場を目標に日々練習とトレーニングを重ねています。また、文武両道、学習にも手を抜かず取組みます。
2018年 部員数 21名

男子バスケットボール部

男子バスケットボール部
活動場所
東体育館
例年の出場大会
・北相地区バスケットボール夏季大会
・相模原市民選手権大会 高校の部
・県高校新人バスケットボール大会(北相東地区)
・関東高校バスケットボール大会(北相東地区)
・県高校総合体育大会(Aグループ)
・北相地区バスケットボール冬季大会 など
PR
男子バスケットボール部は2年7名、1年8名、マネージャー2名で県大会出場を目指し活動しています。少ない人数ですが仲もよく、アットホームな雰囲気です。

女子バスケットボール部

女子バスケットボール部
活動場所
東体育館
活動状況
<2017年>
  • 神奈川県新人大会 県ベスト8
  • 関東大会神奈川県予選 県ベスト16
  • 神奈川県高校総体 県ベスト16
<2015年>
  • 県大会3位
<2013年>
  • 県大会3位
PR
顧問も変わり、新生チームとなりました。平面支配の展開で、全国大会出場を果たします!
カラー:「さわやかスカイブルー」
部魂:「走れ走れ信じて走れ」
モットー:「できるできる絶対できる」

活動日:平日朝毎日(シューティング)
    平日放課後毎日(水、金は自主練習)
    土日祝は半日練習or練習試合or公式戦
2017年 部員数 21名

卓球部(男女)

卓球部
活動場所
東西体育館卓球場
PR
週4回、放課後、西体育館の卓球場で活動しています。
2018年 部員数 20名

剣道部

剣道部
活動場所
剣道場
活動状況
2018年度
  • 関東大会神奈川県予選 男子団体 準優勝
  • 関東大会神奈川県予選 男子個人 4位 小林亮介
  • 関東大会 男子団体・男子個人出場(男子個人は初出場、団体は8年連続出場)
  • インターハイ神奈川県予選 男子団体 優勝
  • インターハイ神奈川県予選 男子個人 5位 井上涼
  • インターハイ神奈川県予選 女子個人 5位 澤田夢花
  • 全国高校剣道大会(インターハイ) 男子団体出場(初出場)
2017年度
  • 全国選抜剣道大会神奈川県予選 男子団体 3位
  • 全国選抜剣道大会神奈川県予選 男子団体 ベスト8
  • 全国選抜剣道大会神奈川県予選 女子団体 ベスト8
PR
弥栄高校剣道部は勝利至上主義ではなく、勝利追求主義である。弥栄流攻撃剣道を学び、立派に勝つ(自立)ことを追求し、人間形成を図る。今年度、念願のインターハイ初出場。
2018年 部員数 男子16名 女子13名

バドミントン部(男女)

バドミントン部(男女) バドミントン部(男女)
活動場所
東西体育館
活動状況
2018年度
  • 関東大会県予選 男子学校対抗 ベスト8
  • 関東大会県予選 女子学校対抗 5位 関東大会出場
  • 高校総体県予選 男子ダブルス ベスト16
  • 高校総体県予選 男子シングルス ベスト16
  • 高校総体県予選 男子学校対抗 ベスト8
  • 高校総体県予選 女子ダブルス ベスト16
  • 高校総体県予選 女子学校対抗 ベスト8
2017年度
  • 新人大会 男子ダブルス ベスト16
  • 新人大会 男子シングルス ベスト16
  • 新人大会 男子学校対抗 ベスト8
  • 新人大会 女子ダブルス ベスト16
  • 新人大会 女子シングルス ベスト16
  • 新人大会 女子学校対抗 ベスト8
PR
少人数ですが、インターハイ出場めざして、チームで団結し、切磋琢磨して毎日練習しています。
2018年 部員数 男子10名 女子8名 計18名

ダンス部

ダンス部 ダンス部
活動場所
東武道場
活動状況
2018年度
  • 高校総体ダンスコンクール  出場
2017年度
  • 高校総体ダンスコンクール  出場
  • 新人ダンス大会 テーマ部門 出場
PR
活動日:月、火、水、金の放課後と土の午前※大会前は土日とも活動することもあります。
ジャズ、モダン、チアダンスなどを中心に練習しています。大会は年二回の高体連主催の高校総体ダンスコンクールと新人大会に参加しています。 また、11月の青少年センターのダンス発表会にも参加しています。自分たちの表現したいことをダンステクニックを用いて作品にすることが主な活動内容になります。 これからも見ている人に感動を届けられるようなダンス部になるよう心がけて活動していきます。
2018年 部員数 13名

野球部

野球部
活動場所
グラウンド東側
活動状況
2017年度
  • 神奈川県高等学校野球春季大会ベスト16
  • 神奈川県高等学校野球秋季大会ベスト16
PR
『志進考動』をテーマに掲げ、1951年以来の県立高校からの甲子園出場に向けて、日々の練習に励んでいます。
2018年 部員数 55名 マネージャー 4名

男子サッカー部

男子サッカー部
活動場所
グラウンド西側
活動状況
2018年度
  • 全国高校総体予選 県ベスト16
  • 関東大会予選   県ベスト16
2017年度
  • 全国高校総体予選 県ベスト16
  • 関東大会予選   県ベスト16
  • 全国高校サッカー選手権予選 ベスト16
  • K2リーグ 第6位
<過去の戦績>
  • 全国高校サッカー選手権予選 準優勝2回
  • 2008年 関東大会出場1回
  • 2005年 全国高校総体出場1回
  • 2005年 JFAプリンスリーグ関東出場
PR
神奈川県制覇、全国大会出場、K1リーグ昇格を目指して日々練習しています。活動は、月曜が基本的にOFFです。
2018年 部員数 69名

女子サッカー部

女子サッカー部
活動場所
グラウンド中央
活動状況
2017年度
  • 第26回神奈川県高等学校女子サッカー選手権大会 ベスト8
2016年度
  • 第5回神奈川県高等学校総合体育大会女子サッカー大会 ベスト8
  • 第23回神奈川県高等学校女子サッカー新人大会 ベスト8
PR
活動日は月・水・木・金・土・日(火曜オフ)。関東大会出場を目標に活動しています。神奈川県ベスト4、関東大会出場を目指し日々活動しています。
2018年 部員数 17名

ハンドボール部

ハンドボール部
活動場所
ハンドボールコート
活動状況
PR
選手2年生9名、マネージャー1年生4名の、13名で活動しています。ハンドボール未経験者も多数いますが、明るく仲がいいチームで、一丸となって日々着実に力をつけています。
活動日:平日 月・水・木・金の放課後火はオフ)
休日 土(主に他校との半日合同練習)
2018年 部員数 13名

陸上競技部

陸上競技部
活動場所
グラウンド・室内トレーニングルーム・麻溝ギオンスタジウム
活動状況
2018年度
  • 神奈川県高等学校総合体育大会
     男子やり投 第2位
     女子走高跳 第4位
     男子走高跳 第7位
  • 関東高等学校陸上競技大会
     女子走高跳 第16位
     男子やり投 第20位
  • 神奈川陸上競技選手権大会
     男子やり投 第6位
2017年度
  • 関東高等学校陸上競技大会
     男子800m 出場
     男子3000mSC 出場
     男子やり投 出場
     女子400m 出場
  • 神奈川県高等学校総合体育大会
     男子800m 第4位
     男子1500m 第8位
     男子3000mSC 第4位
     男子やり投 第4位
     女子400m 第4位
     女子走高跳 第8位
     女子砲丸投 第7位
PR
弥栄高校陸上競技部の目標は、県大会での男女総合優勝や全国大会に一人でも多く出場し、入賞することです。
陸上競技は個人種目が多い競技ではありますが、部の目標や一人ひとりの目標を達成するために、毎日全員でトレーニングに励んでいます。
チーム全員で一人ひとりの目標はもちろんですが、チーム目標を達成できるようにチャレンジし続けます。
2018年 部員数 男子18名 女子13名

男子テニス部

男子テニス部
活動場所
テニスコート
活動状況
  • あじさいカップ(相模原市)
  • 県高校テニス大会 団体ベスト32
  • 北相地区夏季テニス大会
  • 県高校新人テニス大会
  • 相模原市民テニス選手権大会
  • 北相地区冬季テニス大会
PR
主にハードコート4面を使って毎日練習をしています。 練習試合の時には7面コートが使える恵まれた環境です。元気でやる気のある人大募集!初心者もOKです。
2018年 部員数 27名

女子テニス部

女子テニス部
活動場所
テニスコート
活動状況
2018年度
  • 県高等学校テニス大会 団体ベスト8
2017年度
  • 北相地区夏季テニス大会団体優勝 シングルス優勝 ダブルス優勝
  • 北相地区冬季テニス大会団体優勝 ダブルス 優勝 準優勝
  • あじさいカップテニストーナメント シングルス第3位
  • 県高等学校新人テニス大会 団体ベスト8
PR
人工芝のコートとハードコートで元気に楽しく練習しています。まじめで向上心をもって取り組める人大募集!
2018年 部員数 15名

ワンダーフォーゲル部

活動場所
山・海・川(地学実験室)
活動状況
2017年度
  • 県総体 男子優秀校 3年連続 5回目
  • 関東大会出場予定  3年連続 5回目
PR
月例山行(1泊または日帰り)で丹沢や奥多摩の山に行きます。 夏山合宿では3千M級の日本アルプスへ、春休みには合同合宿で北八ヶ岳へと県外の山にも登ります。スポーツクライミングや沢登り等の活動も行っています。
2018年 部員数 21名

水泳部

水泳部
活動場所
弥栄高校プール、さがみはらグリーンプール
活動状況
火曜日から木曜日は弥栄高校のプール、金曜日から日曜日はさがみはらグリーンプールで他校と合同練習しています。
PR
2年次4名、1年次6名で活動しています。
初心者でも気軽に参加できます。また、他の部活と兼部している生徒もたくさんいます(サイエンス部やアートライブなど)。

2018年 部員数 10名

体操部

活動場所
校外
活動状況
平成27年度関東高等学校体操競技大会県予選に出場し、女子個人の部第4位に入賞し関東大会に出場した。
PR
校内に用具指導者がいないので校外のクラブチームで活動しています。

柔道同好会

活動場所
東武道場
活動状況
2018年度
  • 総体個人県予選 参加
  • 総体団体県予選厚木北高校と合同チームで参加
    予選リーグ1勝(対翠嵐・港北合同チーム)
         1敗(対桐蔭学園)敗退
  • 国体県予選 参加
PR
3年生が抜けて1年生1名だけですが、平日は、顧問の都合に合わせて練習し、休日には他校と合同練習しています。
2018年 部員数 2名

書道部

活動場所
書道室
活動状況 書道部
2017年度
  • 神奈川県高等学校総合文化祭第54回高等学校書道展 〈団体〉優勝
                              〈個人〉教育長賞
                            (第42回全国高等学校総合文化祭長野大会県代表)
                              書道専門部会長賞
                              特選(神奈川県庁内短期展示作品)
  • 第33回高円宮杯日本武道館書写書道大展覧会 日本武道館賞
  • 第41回学芸書道全国展硯心会奨励賞
  • 第23回全日本高等学校書道コンクール 全日本高等学校書道教育研究会賞
PR
雰囲気がよく、楽しい部活動です。
活動日は月曜から金曜ですが、それぞれ自分の予定に合わせ作品を制作しています。 様々な種類の書体にも挑戦できるのもポイントです。
自分のペースで活動できるので兼部も可能!高校生活の青春をぜひ書道部で!
2018年 部員数 10名

生活デザイン部

活動内容
生活デザイン部では、週2回(月・金)の活動を通して調理や手芸の技術向上を目指しています。 主な活動内容は、食物調理・被服技術検定対策、文化祭での調理品・手芸品の販売、専門学校の先生を招いての製菓実習、手作り洋菓子の校内販売活動などです。
また、毎年夏休みには、地域の子供を対象に「夏休み子ども料理教室」の講師も担当させていただき、幅広い活動をしています。
今年も9/16(日)、17(月)のWE FESにおいて毎年恒例のミネストローネと手芸品の販売を行いますので、ぜひ来てください!!
2018年 部員数 7名

茶道部

茶道部
活動場所
作法室
活動内容
PR
毎週月曜日、裏千家の先生に講師として来ていただいてお稽古をしています。文化祭でお点前をするほか、校外のお茶会や茶道教室などに参加して、いろいろな流派のお点前を見る機会もあります。おいしい和菓子や美しいお道具に興味のある人も、楽しく活動できる部です。
2018年 部員数 17名

合唱部

活動場所
中央棟4階合唱室
活動内容
合唱部
  • 第2回横浜国際ユース合唱フェスティバルにおいて韓国の合唱団とジョイントコンサート
  • 韓国で行われた国際合唱フェスティバル(2010/7/24〜7/31)に参加
  • 横浜市緑区2012緑芸術祭オペラ「ヘンゼルとグレーテル」に出演
  • 公益社団法人日本青年会議所第43回神奈川ブロック大会出演(2015.9)
  • 2015年全日本合唱コンクール金賞(高校A部門)
PR
私たち合唱部は、コンクールへの出場、地域での依頼演奏出演、そしてミュージカルの発表など様々な活動をおこなっています。うたと音楽が大好きなメンバーが集まる日々の練習は何より楽しいひとときです。2015年4月にはミュージカル「レ・ミゼラブル」公演を行いました。2016年3月24日(木)には第1回定期演奏会を行う予定です。皆さん是非いらしてください。
  日時:2016年3月24日(木)17:00 開場、18:00 開演
  場所:相模女子大グリーンホール小ホール
2015年 部員数 30名

吹奏楽部

活動場所
中央棟4階合奏室ほか
活動状況
吹奏楽部
  • 毎年春に定期演奏会を行っています。部員手作りの音楽劇や、OBOGを交えての合同演奏が見どころで、たくさんの方々にご来場いただいています。次回の第8回定期演奏会は、2016年5月1日(日)に相模女子大学グリーンホールで行う予定です。
  • 毎年、小・中・特別支援学校や地域のイベントなど、たくさんの場所で演奏させていただいています。
活動実績
2014年
神奈川県吹奏楽コンクール(高B) 金賞
東関東吹奏楽コンクール(高B) 金賞
日本管楽合奏コンテスト全国大会(高A)最優秀賞
2013年
神奈川県吹奏楽コンクール(高B) 朝日新聞社賞(第1位)
東関東吹奏楽コンクール(高B) 金賞
日本管楽合奏コンテスト全国大会(高A) 最優秀賞
2012年
日本管楽合奏コンテスト全国大会(高A) 最優秀賞
2011年
日本管楽合奏コンテスト全国大会(高A) 最優秀賞
2010年
全国高等学校総合文化祭宮崎大会出場
東関東吹奏楽コンクール(高B) 金賞
2009年
日本管楽合奏コンテスト全国大会(高A) 優秀賞
神奈川県高文連吹奏楽部門教育長賞
2008年
東関東吹奏楽コンクール(高B) 金賞
PR
こんにち吹奏楽部です!
私たちは、1年24名、2年17名、3年2名、合計43名(6/1現在)で、毎日仲良く活動しています。部員は国際科、音楽専攻、美術専攻、理数科のそれぞれから集まっています。興味のある方はぜひ見学に来てみてくださいね!初めての方も大歓迎です!!

美術部

活動場所
中央棟2階 西美術室
活動日
不定期 放課後〜18:30
活動内容
自主制作(油彩や水彩、立体造形)クロッキー、コンクール参加、クロッキー、オリジナル作品による部誌制作など。
行事
校外クロッキー会(5月)、夏期美術講習会(高文連行事、箱根)(8月)、文化祭展示(9月)、絵画・ポスターコンクールへの応募(通年)美術館見学等をします。
大会参加状況
美術部第59回全日本学生美術展 特選。第26回黒潮まんが大賞 準大賞。高校生アートコンペ2014 大賞、入選2名。中高生ソフトウェアアイデアコンテスト グランプリ、神奈川新聞社賞、TVK賞。2014年全国ジュエリー・アクセサリーデザイン画コンテスト高校生デザイン画賞。”世紀のダ・ヴィンチを探せ!”高校生アートコンペティション2014 優秀賞、特別賞、入選2名。平成26年度 かながわ高校生チャレンジボランティアポスター 最優秀賞、優秀賞。倉魂!高校生コミック・イラストコンクール ファットウエア特別賞。他入賞者多数
PR
部員80名の中には、国際科や理数科や音楽専攻なども含まれており、感性豊かなメンバーが集まって活動しています。ほかの部活動や授業課題との両立をしながら、自主作品を制作したり、月に1回のクロッキー会、動物園スケッチ会を実施しています。また、弥栄東・西高時代から続く部誌「syndrome」を年に一回発行しています。アットホームでわきあいあいとした雰囲気の中活動しています。

演劇部

演劇部
活動場所
112教室
活動内容
お客様に喜んでいただける舞台を目指して、日々稽古に励んでいます。文化祭公演や秋の大会、春の発表会でのご来場をお待ちしてます!
2017年 部員数 9名

写真部

写真部
活動状況
外部撮影会への参加や部独自の撮影会実施。デジタル加工やプリントおよび暗室作業 などの作品制作。
文化祭等における写真展示。各種コンテストや写真展への作品出品。
PR
写真部に参加して素晴らしい写真作品を作ったり発表したりしてみませんか!
デジタル写真で 気楽に自由に表現したい人から、アナログ写真の現像技術を学びたい人まで、写真の好きな人はみんなで集まりましょう。
写真撮影など日常的な部分は部員一人ひとりの個人活動を基本とする自由な活動が特徴の部活動です。 より多くの皆さんの参加をお待ちしています。
2018年 部員数 23名

サイエンス部

サイエンス部
活動場所
有機化学実験室、生物実験室、物理実験室、地学実験室、バイオ実験室、情報室、その他(HR教室など)
部員数
男子33人 女子17人 計50人
活動状況
2018年度
  • APRSAF-25 水ロケット大会 日本代表2次選考会 選出
2017年度
  • 全国高等学校総合文化祭 自然科学部門 ポスター発表部門 奨励賞(ベスト8)
  • 高校化学グランドコンテスト 金賞
  • つくばサイエンスエッジ2018 日本語ポスター部門 第2位
  • 神奈川県総合文化祭 理科部研究発表大会 最優秀賞
2016年度
  • 化学クラブ研究発表会 銅賞(3位)
  • 神奈川県総合文化祭 理科部研究発表大会 最優秀賞
  • 科学の甲子園 神奈川県予選 総合系実技競技 第1位
PR
自然科学に関する研究を中心に、活動しています。各班2名程度となり、化学、物理、生物、情報など各自関心の強い分野の研究を行っています。
研究成果は外部の発表会にて報告し、全国大会でも評価を得ています。活動は火・日がオフです。詳しくは下記ホームページをご覧ください。
詳しくは公式WEBサイトまで

文芸部

活動場所
社会科学習室
活動内容
小説や詩などの作品を作り、図書室に置かせてもらっています。無料配布もおこなっています。
2018年 部員数 2名

箏曲部

活動場所
音楽理論室
活動内容
箏曲部
毎週金曜日16:00〜おけいこしています。 毎月山田流の先生を講師としてお迎えして、合奏が出来るように練習しています。
2018年 部員数 4名

軽音楽部

軽音楽部
活動場所
東棟3階 309〜312教室
活動状況
2018年度
  • ROAD TO ナオンのヤオン決勝進出
  • KANAGAW BAND SHIP グランプリ
2017年度
  • かなチャンTV 神音祭 上位入賞
  • YOKOHAMA BAND SHIP 決勝進出
  • 神奈川県高等学校総合文化祭軽音楽コンクール「高文連会長賞」受賞
PR
(月)〜(土)で先輩後輩仲良く活動しています。外部サイトに詳しい情報を掲載していますので、是非ご覧下さい。
詳しくは公式WEBサイトまで
2018年 部員数 44名

YAEIアクト

YAEIアクト
活動状況
  • カンボジア支援バザー
  • 障害者施設補助、慰問
PR
小さな善意で大きな支援
2018年 部員数 12名

放送委員会

活動内容
体育祭の放送
昼休みの放送、体育祭の音響・アナウンスの運営、学校行事の放送の準備などを行っています。昼の放送では、BGMをただ流すだけでなく、曲の紹介・リクエスト車を紹介もしています。
本校では、放送コンテストへの参加はまだ5年目と言うことで歴史は浅い。放送コンテストなどにも出場しており、一昨年度の実績は、第58回NHK杯全国高等学校放送コンテスト県大会のアナウンス部門では第5位、全国大会では入選という実績を残しました。また、第35回全国高等学校総合文化祭福島大会放送部門のアナウンスに参加しました。第46回アンデパンダン大会朗読部門A会場で5位という成績を残しました。
PR
委員会活動ですが、自己表現の出来る委員会です。一人ひとりの個性を生かして、一緒に活動してみませんか?
委員数 男子13名 女子35名 計48名

生徒会

活動日
毎週 月・水
活動内容
  • WEFESTIVAL体育の部や文化の部などの行事の運営
  • クラス要求の実現
  • 福祉コンサートなどの校外活動の補助
  • 学校説明会などの補助
  • その他、要望の実施
活動目標
「新しいことに挑戦する生徒会
 〜生徒に身近で一丸となる活動を〜」