本文へスキップ

学校案内Introduce

top>学校案内
校舎の画像

教育理念

教育目標

生徒の個性を啓発し、心豊かで、世界に開かれた視野を持つ若人の育成
  1. 個性の伸長
  2. 連帯感と協調性の精神を育成
  3. 気力・体力の充実
  4. 豊かな情操の育成
  5. 国際理解教育の推進

弥栄高校グランドデザイン

校長挨拶

神奈川県立弥栄高等学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

 本校は、弥栄東高校と弥栄西高校の25年の伝統を引き継ぎ、これまで取り組んできた普通科の教育内容、専門コースの教育内容を充実、深化させた集合型専門高校として、平成20年4月に開校しました。

 本校には、国際科、芸術科(音楽専攻、美術専攻)、スポーツ科学科、理数科の4学科5専攻があり、それぞれの志を持った、まさに「人材の宝庫」といえる生徒達と職員が共に切磋琢磨し、日々実践を積み重ねているところです。もちろん、入学時から高い資質を持った生徒もたくさんいますが、本校として最も大切にしているのは、「弥栄高校での学びを通じて生徒各自の可能性を発見させ、本来持っている力を引き出す ⇒ 伸ばす教育」です。生徒たちが、「世界でいちばんすてきなところ」として誇りを持てる学校を目指しています。平成25年度からの神奈川県教育委員会の県立高校教育力向上推進事業ver.Uにおいて、「理数科学教育」教育実践校の指定を受けました。授業における先鋭的な取り組みや、大学や研究機関との連携は理数科だけでなく全学科で推進しています。進学実績も目ざましく向上していますが、大学に入ってから、さらに社会へ出てから本領を発揮できる生徒を育てるのが真の人材育成と言えるでしょう。本校では、大学卒業後の将来を見据えた真のキャリア教育を実践しています。

 学校教育計画では、本校の果たすべき役割として「専門学科高校として、生徒一人ひとりの能力を伸ばし、新しい時代を担う人材を育成する」「地域貢献など地域との協働・連携を通して、生徒の豊かな人間性と社会性を育む」の二つをあげています。具体的には、平成20年度の開校以来の理念である、TOP教育「Thinking Organization Presentation 考えをめぐらせ、知識を組み立て、それをきちんと伝えることのできる能力を育てる教育」を重視し、《学習力の育成》と《人間力の育成》を両輪とした教育活動を展開しています。

 《学習力の育成》では、90分授業を活用し、基礎・基本を確実に身に付ける習得型学習と、その学習成果を実験、実習、演習などの体験的な学習でより深く理解するための探究型学習のサイクルを形成しています。「知識は身に付けるだけでなく、使ってこそ意味がある」、このことを生徒に体現させるのが弥栄高校の授業であり、教育活動全般を通じて、思考力・判断力・表現力等の育成、「読書法、記録法、調査法、発表法、記述法」という言語活動の充実を意識し、TOP教育の実現を目指しています。

 《人間力の育成》では、HR活動や部活動を通して、あいさつの励行や時間厳守、集会指導や清掃指導などを通した規範意識の確立をはじめ、学科間交流の場を設定することにより、自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心などの豊かな人間性を育むことを目指します。

 このような教育実践のもと、生徒たちは120%の力を発揮し、専門学科の学習成果を発表する学科発表会や文化祭、地域貢献やボランティア活動としての小中学生との交流会やさまざまな発表会・演奏会の実施、そして国際交流の推進など多くの成果を発揮しつつあります。各専門学科の特性を生かした部活動も盛んで、運動部・文化部ともに、関東大会や全国大会に数多く進出しており今後も楽しみです。

 本校周辺は、宇宙研(JAXA)や博物館などの研究施設や、市営野球場、銀河アリーナなどが整備され、落ち着いた環境が整っています。そして国有林が隣接しており、緑豊かでさわやかな鳥のさえずりが登校する生徒を迎えてくれます。また、本校は2校分の敷地と施設を有し、4つの学科の専門性を高める授業を展開するための特別教室も数多く整備され、施設に恵まれています。ぜひ一度、学校見学にお越しいただければ幸いです。

 最後になりましたが、保護者の皆様はもちろんのこと、日頃から地域の皆様そして同窓生の皆様には、様々な場面でご支援・ご協力を賜わり感謝申し上げます。今年も学科発表会や部活動の大会・発表会などをご覧いただき、ご助言をいただければ幸いです。  今年度も職員とともに誠心誠意、努力をしてまいりますので、本校へのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

校長 坂本 万里

概要

名  称
神奈川県立弥栄高等学校
位  置
神奈川県相模原市中央区弥栄三丁目1番8号
課  程
単位制による全日制の課程
学  科
単位制専門学科
【国際科、芸術科(音楽専攻、美術専攻)、スポーツ科学科、理数科】
学校規模
1学級40人 1学年8学級 計24学級 定員960人
 1学年あたり定員
  国際科80人 芸術科(音楽専攻・美術専攻)80(40・40)人
  スポーツ科学科80人  理数科80人 
学  期
二学期制
マスコットキャラクター 弥栄子ちゃん
弥栄子の画像 平成20年度に同じ敷地にあった神奈川県立弥栄東高等学校と神奈川県立弥栄西高等学校が統合して発足した単位制による全日制専門学科高等学校。それまでの1日50分6コマの授業展開を廃止し、90分4コマを展開することにより、1日あたりの授業時間を60分間多く確保しています。国際科・芸術科(音楽専攻/美術専攻)・スポーツ科学科・理数科の4つの学科を持つ進学重視の単位制集合型専門高校です。

 各学科は80名(芸術科は音楽、美術各40名)、各学年40人8クラスで構成されています。県立高校教育力向上推進事業ver.IIにおいて、「理数科学教育」教育実践校の指定を受けています。異なる4つの各専門学科が、それぞれの道でスペシャリストになるための特化した教育を行っており、施設・設備も非常に充実しています。

●充実した進路指導
全国規模のデータを活用した的確な進路指導、朝補習、放課後補習、春期・夏期・秋期・冬期講習、定期試験前土曜日フォローアップ補習などの補習授業も充実しています。

●活発な部活動
伝統的に、部活動が盛んであり、文化部・運動部ともに全国的な成果を収めている部も多数あり、かながわ部活ドリーム大賞において、2度のグランプリはじめ、数々の賞を受賞しています。

●学校行事
文化祭(WE Fes 文化の部)は単なるお祭りにとどまらず、まさに文化の香りのするレベルの高いパフォーマンス、展示が満載です。文化祭を訪れたことで、弥栄高校に入学したくなる中学生も多い、と聞いています。体育祭は学科を超えて4色に分かれ、楽しい競技やダンスで盛り上がります。この他に、各学科が独立して、それぞれ特色のある学科行事を行っています。年間の総まとめである学科発表会は一般にも公開しておりますのでぜひご覧ください。

●国際理解教育
国際理解教育にも力を入れており、留学生の受け入れや、活発な海外姉妹校交流を行っています。地域の小学生に英語を教えるボランティア活動も実践しています。

●周辺の環境
JR横浜線淵野辺駅からバス約10分(徒歩約25分)の校地は、北西側には公立の小学校中学校、北側には独立行政法人国民生活センター、南側には淵野辺公園(相模原球場、銀河アリーナ)、東側には自然林を挟んで宇宙航空研究機構(JAXA)相模原キャンパスがあり、校外学習にも適した、落ち着いた文教地区となっています。

沿革

平成20年4月1日
神奈川県立弥栄高等学校開校
平成20年4月1日
神奈川県教育委員会学力向上推進及び特色ある高校づくり推進事業で「スーパーハイスクール」「国際・英語教育」「NPO等を活用した教育展開の実践研究」の指定を受ける
平成20年4月9日
第1回入学式挙行
平成22年2月20日
かながわ部活ドリーム大賞において「グランプリ」を受賞
平成22年4月1日
県立高校教育力向上推進事業において、「スペシャリスト人材育成」および「理数科学教育」の 指定を受ける
平成23年2月20日
かながわ部活ドリーム大賞において「マネージャー賞」を受賞
平成24年2月20日
かながわ部活ドリーム大賞 において「スポーツ賞」「文化賞」をダブル受賞
平成24年12月25日
サイエンス部が神奈川県教育委員会の児童・生徒表彰を受賞
平成25年4月23日
県立高校教育力向上推進事業ver.IIにおいて「理数科学教育」教育実践校の指定を受ける
平成26年2月8日
かながわ部活ドリーム大賞において「グランプリ」「スポーツ賞」「文化賞」「サポーター賞」を受賞

沿革(弥栄東高校時代)

昭和57年4月1日
神奈川県立県北方面校設立準備開始
教育長管理部総務室主幹 寺屋典男、同主幹 今村 茂、他8名発令
昭和57年11月25日
校名内示
昭和58年1月1日
神奈川県立弥栄東高等学校として設立告示
 神奈川県教育庁管理部総務室主幹 寺屋典男 初代校長に、教頭、事務長、教諭3名、事務職員2名発令
神奈川県相模原高等学校内にて開校事務開始
昭和58年1月24日
校章制定
昭和58年2月14日
校則制定
昭和58年3月14日
第一期・第二期工事完成
東高校舎3,942平方メートル、共用棟5,330平方メートル、東高体育館2,620平方メートル
昭和58年4月1日
東校 校長以下専任職員24名、非常勤講師4名をもって開校
昭和58年4月5日
第1回入学式挙行
昭和58年12月26日
第三期校時完成 教室棟3,232平方メートル
昭和59年11月2日
落成式挙行
平成20年3月31日
弥栄西高校と統合

沿革(弥栄西高校時代)

昭和57年4月1日
神奈川県立県北方面校設立準備開始
教育長管理部総務室主幹 寺屋典男、同主幹 今村 茂、他8名発令
昭和57年11月25日
校名内示
昭和58年1月1日
神奈川県立弥栄西高等学校として設立告示
 神奈川県教育庁管理部総務室主幹 今村 茂 初代校長に、教頭、事務長、教諭3名、事務職員2名発令
神奈川県相模原高等学校内にて開校事務開始
昭和58年1月24日
校章制定
昭和58年2月14日
校則制定
昭和58年3月14日
第一期・第二期工事完成
西高校舎3,777平方メートル、共用棟5,330平方メートル、西高体育館2,866平方メートル
昭和58年4月1日
東校 校長以下専任職員22名、非常勤講師3名をもって開校
昭和58年4月5日
第1回入学式挙行
昭和58年12月26日
第三期校時完成 教室棟3,117平方メートル
昭和59年11月2日
落成式挙行
平成20年3月31日
弥栄東高校と統合

学校目標

pdf形式ファイルは別ウィンドウで表示されます

校歌

音楽科の四階道さん  弥栄東高校、西高校にはそれぞれ校歌が存在していたが、コード進行が同一であり、単独で歌うことも同時に歌うこともできるように作られていました。

 新校歌のメロディーは、当時の音楽科教諭であった足立誠によって、弥栄東高校・西高校の校歌と同じ和音進行で作成されました。弥栄高校歌を単独で歌うことも、東西高校の校歌と同時に歌うこともできます。

 歌詞は、公募した言葉や校歌案をもとに、生徒・保護者・教頭・開校準備室職員で構成される校歌歌詞選定委員会が作成しました。

伝統を大切にし、過去から未来に向かう弥栄高校の意思を表す歌詞です。

弥栄子の友達、音楽科の四階道さん

校章

School badge

校章
 弥栄高校の校章は、盾の形をしています。盾は弥栄の「y」を合わせたもので心身の調和を表します。左に弥栄ブルー、右に学科色のストーンを配置しました。
 弥栄に集う若人は、心豊かで、世界に開かれた視野を持ってほしい。弥栄高校はそのような人間像を「弥栄びと」を名付け、校章に託しました。
 デザイン選定においては、校内に募集をかけ、平成19年度WE FESTIVALにおいて投票を行い、高い支持を得た、幸田祐貴さん(美術コース)の案が原案として採用されました。
 右下のワンポイントには、各科ごとのイメージカラーが使われています。

スクールカラー

School color

国際科校章 芸術科校章 スポーツ科学科校章 理数科校章
スクールカラー
弥栄ブルー(コバルトブルー)
ジャージのイメージより。補助的にグラデーションも使用
国際科
イエロー(黄)
前向きで活発なイメージ
芸術科
レッド(赤)
創造と情熱のイメージ
スポーツ科学科
スカイブルー(青)
知的で颯爽としたイメージ
理数科
グリーン(緑)
自然とエコロジーのイメージ
ジャージのネームもこのスクールカラーで刺繍されています

マスコットキャラクター

Mascot character

国際科 弥栄子

弥栄子(やえこ)ちゃん(国際科2年)
本名:西東 弥栄子(さいとう やえこ) 弥栄東西の統合の象徴ということから。
芸術科音楽専攻 四階堂

四階堂(よつかいどう)さん(芸術科音楽専攻2年)
本名:四階堂 詞音(よつかいどう しおん) 中央棟4階に音楽室があることから
芸術科美術専攻 美央

美央(みお)ちゃん(芸術科美術専攻2年)
本名:中 美央(なか みお) 中央棟に多くの美術室があるから
スポーツ科学科 西

西(にし)君(スポーツ科学科2年)
本名:西 創(にし はじめ)  弥栄西高校の創立時からある体育コースにちなんで。
理数科 東

東(ひがし)君(理数科3年)
本名:東 渡(ひがし わたる) 過去と今の弥栄高校の橋渡しをしてくれる大事な存在であり、東棟にたくさん実験室があるから。

校旗

School flag

式典用校旗 大会用校旗
 弥栄高校の校旗は、校章の盾の形をもとにスクールマスコットのアオバズク、スクールフラワーのキンランを配置し式典用と大会用の2種類を作成しました。スクールマスコットのアオバズクは相模原市に生息するフクロウの仲間です。知恵の象徴で弥栄高校の知性を表しています。スクールフラワーのキンランもかつて相模原地域にみられた可憐で美しい花で雑木林の中でこのもれ日を浴びて咲くひたむきな姿は弥栄の生徒を象徴します。

デザイン協力:美術コース23期デザインワークB選択生徒

カリキュラム

2013年度から、県立高校教育力向上推進事業ver.IIにおいて、「理数科学教育」教育実践校の指定を受けております。異なる4つの各専門学科が、それぞれの道でスペシャリストになるための特化した教育を行っています。

行事予定

姉妹校交流

弥栄高校海外姉妹校交流 概要

弥栄高校は国際理解教育に力を入れています。海外姉妹校交流の実施をはじめ、各クラスには国際交流委員がいて文化祭での展示、海外姉妹校からの訪問団の受け入れ、途上国募金活動などを行っています。 2013年オーストラリア姉妹校交流
カナダ姉妹校交流
ブリティッシュコロンビア州のナナイモやヴィクトリアにある高校と交流をしています。現地の家庭に1週間のホームステイをしながら現地の姉妹校に通って授業を受けます。
オーストラリア姉妹校
弥栄西高校外国語コースの時代からの歴史があります。
これまでいくつかの高校と交流してきましたが、特にビクトリア州のバーンズデール高校とは活発な交流を行っており、弥栄高校からは毎年、バーンズデール高校からは2年ごとに相手校を訪問しています。
ベトナム姉妹校
弥栄高校国際科が設立されたことにともなってアジア地域での姉妹校交流も始めました。
ベトナムは英語を話す人も多く、途上国理解をはじめとする国際理解教育に適した場所です。治安もよく食事も美味しいので近年多くの日本人が訪れています。国際科ではアジア地域との交流を深めることで、アジアを理解し、アジア地域の一員としての意識をもてる教育も目指しています。
イタリア姉妹校
芸術科美術専攻2年次生が毎年訪問しています。芸術の本場イタリアを訪問し、現地の美術学校高校生との交流、現地での作品制作などを通してグローバルな視野を持った芸術教育を目指しています。
ハンガリー姉妹校
芸術科音楽専攻2年次生が毎年訪問しています。音楽の都ハンガリーで音楽学校の生徒との演奏交流をしたり、現地の先生の指導を受けたりしています。
2012イタリア姉妹校交流  2012ハンガリー姉妹校交流 

情報公開